学とみ子が答えない質問リスト

当ブログが、ため息ブログに対してごまかしたいことなど、ひとつもないです。と言うのですが、数々の科学的な質問に答えてくれません。そのリストです。順不同です

1)酸浴day7までのES混入なら、顕微鏡をのぞく若山氏が気付く。だから、これはない。酸浴後day7までだと、STAP細胞塊は、若山研究室での顕微鏡でのチェックが入るので、ESコンタミに気付く。キメラにES細胞が混入していたのですから、若山氏が注入した細胞塊にES細胞が混入していたわけです。学とみ子の推測に従うと若山氏にはSTAP細胞とES細胞を顕微鏡下で区別できるのですから、若山氏はES細胞と知って注入したことになります。つまり、学とみ子の推測に従うと、若山氏があえて不正行為をしたことになります。これでいいのでしょうか?

2)(桂調査委員会報告書には)小保方氏がESを混ぜるのは不可能と書いています。桂調査委員会報告書のどこに書いてあるのでしょうか?

3)桂報告書に書いてあります。誰が、どこでES混入させたか、桂報告書にあります。それが書かれている桂報告書の場所も、当ブログに書いてます。桂調査委員会報告書のどこに書いてあるのでしょうか?

4)相澤論文では、再現実験において、STAP論文で書かれたキメラ作成手技はできないと書いてあるんです。相澤論文のどこに書いてあるのでしょうか?

5)桂報告書前半では、混入ESは129/GFP ESであると言ってる。桂調査委員会報告書のどこに書いてあるのでしょうか?

6)FES1 と FES2 の親について。
FES1 と FES2 は、親から異なる染色体を受け継いだとかかれていることから、同じ親から樹立された細胞ではないことがわかります。親も違うし、マウスを取り出した時のマウスコロニーも違うのではないかということです。と主張しました。

2019/10/07  2005年に同時に作製されたFES1とFES2の遺伝子の違いは、親が違うだけでなく、コロニーも違うとあります。全く、異なるマウス集団から親が選ばれていますね。と繰り返し断定しています。

しかし20141226 STAP細胞論文に関する調査結果で桂調査委員会委員長は22分のスライド11の開始あたりで、「FES1とFES2は同じマウスから作った細胞」と言っています。

当方はFES1とFES2は同じ両親からできた2つの受精欄から作成されたES細胞だとしました。そこで学とみ子にこの「同じマウス」とはどう解釈するのかと聞いたところ同じ親という言葉がすでにあいまいです。と、記者会見の動画を聴取して「同じマウス」と発言したのを認めましたが、意味不明の返事です。曖昧な返事ではなくはっきり、どのような可能性があるから曖昧なのかを書いてほしいと言ったのに返事がありません。

7)これ(アクチンにGFPがタグとして結合している)は、当時の同時期に話題にしていた別の論文の話です。というのでこの別の論文どこに「アクチンにGFPがタグとして結合している」という記述があるの?と聞いたけど答えはありません。

8)「ES捏造説は、実行不可能であり、ES捏造の科学的限界、つまり不可能であると、桂報告書は示したのである。」桂調査委員会報告書のどこにそんなことがどこに書いてある?と聞いたのですが、返事がありません。

9)「キメラ・幹細胞につながる疑惑についての桂報告書記載は、小保方氏の責任を問えないと、何度もしつこい位に書いている。これが科学的判断であると、しつこく、桂報告書は書いている。」と言うので、桂調査委員会報告書のどこにそんなことがどこに書いてある?と聞いたのですが、返事がありません。

10)「桂報告書は、「オリジナルの実験をやり、実験ノートも持っている若山教室員は、何のおとがめもありません。」と書いてますよ。」と言うので、桂調査委員会報告書のどこにそんなことがどこに書いてある?と聞いたのですが、返事がありません。

It's alright, I say It's OK. Listen to what I say.