嘘を言うのも表現の自由だ

例によって学とみ子のトンチンカン発言を記事のタイトルにさせていただきました。

学とみ子は、誰が見てもわかる嘘を、拡大解釈だとか嘘をつくのは表現の自由で守られる権利だというわけです。恐れ入るしかないですな。

学とみ子曰く:「桂調査委員長は、小保方氏がES混入させたと記者会見で言っているというのは、断定になるので正しくないです。
拡大解釈なので正しく無いです。
あくまで、桂氏は、「拭えない」と言っていて、学とみ子もそう言ってます。一文で判断すべきではありませんし、桂氏の言葉をどの強さで理解するかは言論の自由の範囲です。」

学とみ子がChatGPTに「なぜ、桂調査委員長は、小保方氏がES混入させたと記者会見で言っているのでしょうか?」と嘘の情報を与えて回答を要求したわけですね。

当方のブログから桂調査委員会委員長は記者会見でそのようなことは言っていない嘘だという非難が一斉に上がった結果
「桂調査委員長は、小保方氏がES混入させたと記者会見で言っているというのは、断定になるので正しくないです。」
「拡大解釈なので正しく無いです。」
と自分の発言は正しくなかったと認めたようなんですが、続いて、
「桂氏は、「拭えない」と言っていて、学とみ子もそう言ってます。一文で判断すべきではありません」
「桂氏の言葉をどの強さで理解するかは言論の自由の範囲です。」
と学とみ子の発言は一文だけだから「一文で判断すべきではない」といっています。まことに変竹林な論理です。そして「理解するのは言論の自由」という意味不明な発言です。「どのように理解してもいいだろ」と言うのですが、そりゃ間違えて理解するのは自由ですが、それを表現したら嘘になるわけです。しかしそんなこととは関係なく「嘘をつくのも表現の自由」なのだというのが学とみ子の論理のようです。

学とみ子には理解できないでしょうけど、以下のようなChatGPTへの質問は「〜べき」という質問者の価値観が入っていますが、その価値観自体を質問しているのではないので、ChatGPTの使い方として問題はありません。ChatGPTは、その「〜べき」は無条件に正しいとして回答しているのですからね。また「嘘を言う」のは表現の自由の範疇にないというのは学とみ子を除く方々の倫理だと思いますからね。
###############
Q: 「嘘も表現の自由だ」と主張する方にはより強い否定の言葉を投げかけるべきです。どのような表現で伝えたらいいでしょうか?
ChatGPT:
「嘘も表現の自由だ」という主張に対して、次のような言葉で反論することができます:

「嘘が表現の自由だというのは、情報の信頼性や倫理の観点から考えると極めて危険な発想です。偽りの情報は社会に混乱や誤解を生み、信頼関係を崩壊させます。真実を歪曲することは、人々の権利や安全を脅かす可能性があります。表現の自由は責任も伴うものであり、嘘はその範囲外にあるべきです。」(太字は当方が加筆)
##############

紫陽花

堂ヶ島渓谷遊歩道

堂ヶ島渓谷遊歩道<というのが箱根の宮ノ下温泉にあるのです。またの名前を「チェンバレンの散歩道」ということになっています。

堂ヶ島というと伊豆半島西海岸の方が有名ですが、どうやらこの宮ノ下の崖を下った早川沿いに堂ヶ島温泉というのがあるからのようです。温泉と呼ばれるけれど宿は1軒だけ、エスパシオ箱根迎賓館 麟鳳亀龍のことのようです。早川沿いにあるのですが、その温泉地が島のような形だったから堂ヶ島と名前がついたようで、箱根の7温泉、湯本、塔ノ沢、宮ノ下、底倉、木賀、芦之湯、堂ヶ島の一つということになっています。

チェンバレンとはバジル・ホール・チェンバレンのことで英国人で明治時代の”雇われ外国人”の一人だそうです。宮ノ下に富士屋ホテルというホテルがあって、このホテルは明治時代からある旅館で、チャップリン、ジョン・レノン&オノ・ヨーコ等が泊まったというのが、宮の下の写真館のショーウインドウに写真があります。チェンバレンはこのホテル(当時は旅館)に泊まって、早川の渓谷を散歩したから「チェンバレンの散歩道」という別名があるようです。

この遊歩道を歩いたのです。下の地図にあるように、宮下の市営駐車場の道(国道1号線)を挟んだ向かい側に堂ヶ島遊歩道入り口という看板があります。ここから渓谷に下って、川の上流に向かって木賀に抜けるという全長1.5 kmの遊歩道というわけです。遊歩道というよりトレッキング・コースで、最低スニーカーが必要です。できたら軍手も。両手を空けて歩いたほうがいいような道です。普通は宮ノ下から木賀に歩くようですが、木賀のあたりが急坂でしんどいということなので、先にしんどい方の木賀(下図の右)から早川に降りて宮ノ下駐車場の方(同左)へ歩いてみました。
道は箱根町道と東京電力の水力発電所があって、東京電力の私道とが混ざった道です。境目はわかりません。

木賀の入り口は国道138号線にあります。

看板は板に紙が貼ってあるということからみても、訪れる方はあまりいないというのがわかります。また端から階段ですがかなり急なのがわかるかと思います。

熊が出るぞという注意があります。熊がでてもおかしくないような森の中を歩くことになります。熊がでたことがあるから急ごしらえの紙の注意書きなんでしょうね。

このような急坂で石で作られたステップとコンクリートで作られた階段とかが混在します。雨の翌日でしたからビチャビチャでしたが、快晴の日でも道は濡れているのが苔が生えていることでもわかります。苔があるので滑るのではないかと気をつかいました。

人がほとんど通らないからでしょうか、管理が生きどいているとは言い難い道で、道を塞いだ倒木を切っただけ

あるいは塞がれたままなんてことになってます。

降りていくと沢を流れる水音が次第に大きくなって滝が見えてきました。

吊り橋が見えてきました。この吊り橋は「桜橋」と呼ぶようで、

東京電力の架けた橋のようです。重量制限があって、

一人で歩いていてもフラフラ揺れます。

スリリングで面白いです。

この川が早川で小田原に流れていきます・吊り橋から上流に滝のように見えますが直線的なので堰なんでしょうね。

下流の方です。流れは結構急で、沢遊びなどは危険ですな。渓流釣りはできるでしょうけど沢に降りるのはしんどそうです。

橋は東京電力のものだとの注意書きです。

この吊り橋を渡ったところに金網で囲われた水力発電所があります。小規模な発電所です。

ここから夢窓橋までの沢沿いの道をチェンバレンの散歩道というわけですが、散歩なんてものではなく、ちと厳しいトレッキング・ロードです。


小さな沢を横切らないといけない

獣道のようなところもあって

支柱とロープがあるけれど壊れているから触るなとか

落石はごろごろなんで

道は一本なんで標識があるけど間違いようがない

ようやく夢窓橋が見えてきました。

夢窓橋は桜橋とはちがって立派な鉄骨の橋です。

橋を渡る前に左に少し入ると夢窓国師山居の跡とかいうところに立つお宮があります。

橋を渡って宮ノ下側に移動します。

ここから登りで宮ノ下に向かうのですが、途中なにか工事中の場所があって鳥居と滝が見えるのですが入れませんでした。

登りの道は、木賀側より幅も広いし整備されていますが、坂自体は急です。

雨上がりでビチョビチョなんでカエルがいたりしました。

国道への繋がる部分です

途中、デジャブの坂という意味不明な部分がありますが、行きませんでした。
宮ノ下からの入口の看板には、ホテルが営業を止めましたという張り紙が貼ってありましたな。

晴遊閣大和屋ホテルがあってゴンドラで国道1号から沢までを結んでいたのですがホテルは営業停止ということで、堂ヶ島温泉行き自家用ロープウェー 夢のゴンドラは撤去されたようで、もう一つの旅館「対星館」も営業停止。こっちはケーブルカーで沢まで降りるようになっていたらしいけど撤去された?

というわけで1,5km のトレッキングは小1時間というところでした。紅葉の時期だと桜橋のあたりがいいらしいですn。

AIは質問者を見分けるだろう

またもや、お題を学とみ子の発言からいただきました。

学とみ子は生成AI(学とみ子の場合ChatGPT)がいたくお気に入りのうようで、「今までの人生で、難しい話を、飽きもせず、怒りもせず、語りつづけてくれる人はいなかった。」とのコメントを発しました。

もし 「今までの人生で」というのが事実だったら、誰も相手にしてくれなかったというさみしい人生だったんですね。ま、それは学とみ子個人の人生だからどうでもいいのですが、だからといって嘘・デタラメを際限なく語るのはやめましょうね。

「AIは、人からの質問の内容に沿って答える。人の質問がしっかり筋が通っていれば、この筋に沿って筋が通る知識を示すのだ。そこで、質問者を見分けるだろう。」 ← もう、何回も当方等だけでなく、ChatGPT自体が入力されたコンテクストに依存する、つまり入力された情報に沿って回答してくるといっているのですよ。文法的に筋が通っている誤った情報を入力したら、それに沿って回答してくるというのが今頃になってわかったの?質問者を見分けているのではないのですよ。情報が間違えていたら回答も間違えるという意味では質問者を見分けているといっていいかもしれませんな。ですから、馬鹿な意味不明な質問を学とみ子がしたから、ChatGPTは「ES細胞が分化せずにキメラ形成能を維持するのは難しい」という誤った回答をしてきたんですよ。学とみ子はホントにこのChatGPTの回答が正しいと思っているの?つまり「ES細胞は分化してもキメラ形成能がある」というのは正しいの?

質問者を見分けているのなら、学とみ子が「ため息^3ばかりのブログと考察学とみ子というブログでSTAP細胞の研究について対立しています。どちらに妥当性があるのでしょうか?」と質問したら「STAP細胞に関する科学的な議論においては、ため息^3ばかりのブログの立場が科学的妥当性において優れていると評価されるでしょう。」と返ってくることはないでしょ。質問者の学とみ子は非科学的だという回答ですからね。自分で操作したことも覚えていないの?

なぜ聞き取り調査をしない

あっというまにコメントが100件を超えちゃって、新しい記事を建てる必要がでてきました。そこでいつものように学とみ子の阿呆なセリフをタイトルにしました。
学とみ子がChatGPTに質問するのに、でたらめな情報を与えて、自分の要望に沿った回答を得ようとしているわけです。その例が「桂調査委員会は実際に実験した人達に聞き取り調査を行うことで、実験詳細がわかると思うのですが、なぜ、それをしていないのでしょうか?」という嘘の情報をChatGPTに吹き込んで、「関係者全員からの証言を集め、実験のプロセスや結果についての詳細な分析が必要です。これにより、捏造の有無やその責任の所在についてより正確な判断が可能となります。」という回答を得ることができました。

メチル化の実験を責任者は小保方氏です。そして桂調査委員会は小保方氏にデータを示して聞き取り調査をした結果、小保方氏単独の捏造だと判定したわけです。メチル化の調査はGRASが担当して生データを小保方氏に渡したのです。ですからGRASに生データが残っていたわけです。この生データを桂調査委員会が得るためにはGRASの職員に事情を聞いたにちがいありません。捏造した本人が自白したのですから、報告書にこれを補足するような証言を、あったとして細々と書く必要はないと思いますな。裁判じゃないのですからね。

何回も当方だけではなく言っていますが、ChatGPTへの質問はうまく設定しないと正しい回答が得られないのです。出力された回答が正しいかどうか検証できないのに使ってはいけないのです。論理や日本語文法が学とみ子の書いた日本語と異なり正しいように見えるので、信頼できそうですが、大きく誤っていることがあるのです。学とみ子はSTAP論文の樹立なる言葉がある回答を読んでなんとも思わないのですから、使う資格がないのです。得たい回答を得るために嘘情報を付加したら自らを慰めるだけの話です。学とみ子は全く理解できていないので、何回もでたらめ質問をし笑い者になっているんですね。