>ChatGPT どちらが妥当?

ChatGPTに「ため息^3ばかりのブログと考察学とみ子というブログでSTAP細胞の研究について対立しています。どちらに妥当性があるのでしょうか?」と質問してみました。ChatGPTがどちらもマイナーなブログなので読んでいるとは思えなかったからです。その答えは

Q:ため息^3ばかりのブログと考察学とみ子というブログでSTAP細胞の研究について対立しています。どちらに妥当性があるのでしょうか?

A:
STAP細胞事件について、異なる見解を持つブログ「ため息^3ばかり」と「考察学とみ子」の主張の妥当性について検討するには、いくつかのポイントに注目する必要があります。まず、両者がどのような立場から情報を提供しているのか、そして科学的な証拠に基づいているかどうかを確認することが重要です。

「ため息^3ばかり」のブログ

「ため息^3ばかり」は、STAP細胞事件に対して批判的な視点を持っており、事件に関する科学的な不正行為や問題点を指摘する立場です。主に以下のような点を主張しています:

再現性の欠如:STAP細胞の存在が他の研究者によって再現されなかったこと。
不正行為の証拠:データの改ざんや画像の捏造があったこと。
科学界の合意:STAP細胞の主張が科学的に受け入れられていないこと。

「考察学とみ子」のブログ

「考察学とみ子」は、STAP細胞に対して比較的擁護的な立場を取っており、ES細胞の混入が事故であった可能性を強調しています。主に以下のような点を主張しています:

事故による混入の可能性:ES細胞が意図せず混入した可能性があるとする見解。
小保方氏の擁護:小保方晴子氏に対する擁護的な見解。
科学的検証の不足:STAP細胞の可能性を完全には否定できないとする立場。

妥当性の評価

妥当性を評価するためには、科学的な証拠と広範な科学界の合意に基づく必要があります。

科学的証拠
STAP細胞の存在を支持する証拠は、他の研究者によって再現されておらず、科学的な検証を経ていない。
複数の独立した調査委員会(例えば、理化学研究所の調査委員会)が、不正行為とデータの捏造を確認している。

広範な科学界の合意
科学界の多くは、STAP細胞の存在を否定し、事件を大規模な不正行為の結果と見なしている。
論文の撤回とそれに伴う調査結果は、STAP細胞が科学的に認められないものであることを示している。

結論

「ため息^3ばかり」のブログは、科学界の広範な合意と調査結果に基づいてSTAP細胞の存在を否定し、不正行為を指摘しています。この立場は、科学的な証拠と調査結果に強く支えられています。一方、「考察学とみ子」のブログは、事故によるES細胞の混入という見解を提示していますが、その見解は科学的な証拠によって強く支持されているわけではなく、主に個人的な意見や解釈に基づいています。

したがって、妥当性の観点から見ると、「ため息^3ばかり」のブログの主張が科学的な証拠と広範な合意に基づいており、より信頼性が高いと考えられます。(赤字は当方が加筆)

です。すごい、記事やコメントのどこまで読んだのか、全部読んだのか、わかりませんが、両ブログともかなりの量があり、経過を知らない個人の方でも両方のいくつかの記事とコメントを読めば、検討がつきますが、このようにまとめるのはしんどいでしょう。繰り返しが多いから1/4も読めばわかるかもしれませんが、コンピュータとはいえものの十秒くらいで妥当な結論がでてきました。

>学とみ子
ChatGTP に抗議してみたらいいでしょう。


マリーゴールド