「Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

ジャンボ牡蠣フライ

スーパーにときどき岩牡蠣がでてます。これをフライで食べました。

この位の大きさを1人前4ケです。1ケ300円。結構な値段ですが、普通のパックの小さい牡蠣より楽しいでしょう。

タルタルソースを添えました。

大昔New York に住んでいたころ、Grand Station の Oyester Bar に行ったことを思いだしました。1皿12ケなんですが、日本の養殖牡蠣と違って小さいので、1皿では足りず、2皿目を注文したら、店員がジョークを言ってきました。変な食物はどの世界でも同じで強精剤なんですよね。マムシとかすっぽんとか、ツチノコとかね。

松茸

初物を食べると寿命が75日増えるといわれていますな。

酷暑の夏(まだ終わっていない感がある)なのに、松茸がでてきました。国産松茸を購入するような余裕は当方にありませんのでいただきものです。ありがたいもんですな。

13cm 75g

土瓶蒸し(松茸、かまぼこ、鶏ささみ、銀杏、三つ葉、鰹と昆布のだしで炊く、すだちを添える、土瓶蒸し専用容器はちいさいのでグラタン用カセロールで作りました)

松茸ご飯

お陰様で、寿命がちょっぴり長くなったようです。

夏の食事会

女子会ではなく、親戚どもが集まる夏の恒の食事会 8月12日(土)

写真を全く撮らなかったのでメモだけ
来られない家があったので5名だけのpartyでした。
・前菜 枝豆+とうもろし+天ぷら粉+牡蠣醤油+のりの磯辺揚げ
夏野菜のテリーヌ
赤オレンジパプリカ、きゅうり、オクラ、カニカマ、
ヤングコーン、コンソメ顆粒、ゼラチン
ミニトマトのベーコン巻き
マヨネース+粗挽きこしょう
・イベリコ豚のロースト 800g マスタードを塗りつける 200度で50分,中心部が60度になったら加熱を止めて、75度になった。
バルサミコソース
バルサミコ大さじ4はちみつ大さじ2、醤油大さじ2
・カツオのたたき
カツオ みょうが にんにく しょうが 小ネギ ポン酢
・鰻蒲焼素麺
蒲焼のうなぎ 素麺5束
・デザート
夕張メロンゼリー(お中元) 桃
・ビール、ワイン、ウイスキー、シャンパン(残り物)、コーヒー、麦茶

例年ですと4月、5月なんですが、早くもスーパーに筍が出ていました。
そこで恒例の筍と牛肉を炊いたものです。といっても牛肉は表面だけ焼き、炊いてはいません。木の芽を飾るのですが、さすがに木の芽はまだですね。

flightradar24

flightradar24というアプリで世界中の飛んでいる飛行機の位置情報がわかる。
日本語版
英語版
WBC(World Baseball Classic)の侍Japanのチャーター機がマイアミ国際空港到着数分前の絵

宇宙から見た夜の地球の写真で北朝鮮が真っ黒なのと同様に、北朝鮮の上空には何も飛んでないのに対し、日本の上空は飛行機だらけだ。

同様にウクライナ上空も空っぽ。これは当然ですが、ベラルーシュにも飛んでない。

[ 追記 ]2023.3.22 帰国便 成田到着

小保方パートのSTAP細胞はある

学とみ子は、小保方パートのSTAP細胞はずっとあるといってます。
この主張は、キメラ、STAP幹細胞は調べた限りES細胞由来のものしかないという桂調査委員会の報告に矛盾します。
「STAP細胞が多能性を持つというこの論文の主な結論が否定された。STAP幹細胞、FI幹細胞、キメラ、テラトーマは、すべてES細胞の混入に由来する、あるいはそれで説明できる」が桂調査委員会の結論ですからね。ものすごく単純な話です。

もしSTAP細胞があるのなら、ES細胞由来でないキメラ、STAP幹細胞、テラトーマが存在するというのが当然ですがそのような事実はないわけです。

「小保方パートのSTAP細胞」というのは初期化が十分完成していない細胞だとか学とみ子は言っていたかと思いますが、それならそのような「小保方パートのSTAP細胞」の定義をしっかり書いてください。論文の定義に従うとすれば多能性である P がなければSTAP細胞とは言えませんからね。

学とみ子は桂調査委員会報告書の細胞の解析結果(松崎BCA論文)を否定するのでしょうか?

無駄口与太郎こと一言居士も、キメラができないからntES細胞を作成して緑に光るキメラを作成して小保方氏リクルートを試みたというのですから、学とみ子便所壁に無駄に書き散らしているけれど、STAP細胞はできなかったという立場なんでしょ。

セイヤもSTAP細胞などできない、ES細胞の混入とかはすべて若山氏のせいだと私小説に沿った考えなんでしょ。それともSTAP細胞はあって、それからできたキメラ等は誰かが捨てちゃったとか言うのでしょうかね。

Ooboeは、どうなんですかね。調べたサンプルがインチキだというのが主張ですが、それではSTAP細胞はあったという根拠があるんでしょうかね。ご本人を含めた誰も再現に成功していないわけですけどね。


椿

謹賀新年

あけましておめでとうございます

当方のブログご覧の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

昨年同様、本年も皆様からのご指導ご鞭撻のほどお願いいたします

さて、
が、ため息家の雑煮でございます。昆布鰹節のだしに醤油というすまし汁で、大根、人参、鶏肉、しいたけ、かまぼこ、せり、イクラ、切り餅、柚子の皮 という関東東北系の雑煮でございます。

皆様のお宅ではどのような様相でございましょうか?

[付記 ] 学とみ子にあっては小中学生レベルの日本語が書けるように、認知症の進行を遅らせるために、さらに勉強する1年になることを期待しております。

東坡肉(トンボーロー)

東坡肉です。

皮付きの三枚肉 550 g を圧力鍋に入るように半分に切りました。みてわかるように脂が非常に少ない肉でした。

脂が多いときは水から炊き、脂を落とすのですが、今回は炊くことはせず、フライパンで表面だけを焼きました。
圧力鍋に、長ネギの緑の部分、生姜スライスをいれ、肉を皮側を下にして置き、紹興酒、醤油、鶏ガラスープの素、みりん、を加えてひたひたになるまで水を加えます。八角、シナモンスティック、花椒、クローブをいれて

火にかけ、蒸気がでてきたら 20分炊きました。自然に冷えるのをまって、取り出し

炊いたスープは濾過して、煮詰めます。煮詰まったら水溶き片栗粉を加えてとろみをつけた たれ にします。

半分(約230 g)は厚めにスライスして、ゆがいた青梗菜とともに皿にもりつけ、たれ をかけます。2人前でしょう。残り半分はたれとともに冷凍保存できます。